2021年02月04日

海外大学入試用の推薦状の依頼方法 – 雛形(テンプレート)

海外大学入試で推薦状が必要な理由とは?

海外大学の出願過程は長く困難な道のりです。これは1人の人としての、将来の計画、実行する能力、目標設定、学力、人間関係を試されるのです。SATスコア、願書提出期日、自己紹介書と出願用エッセイ、成績証明書の発行依頼、これらは全て出願過程で行うべきことで、時にはストレスになったり困惑したりするかもしれません。

中でも、合格、不合格を左右する最も重要な要素を占めるにも関わらず見落とされがちな書類の一つが、強力な推薦状です。

高校生、更には大学院に出願する大学生の中にも、推薦状の手配を後までひき延ばしてしまったり、推薦状の重要性を把握していない学生が数多くいます。他の人に書いて貰うのだからと思うからでしょう。

でもそれは大きな間違いです。なぜなら、推薦状こそが、大学入試選考担当者が重きをおく要素の一つだからです。

先ずは、提出する大学入学審査書類を分析してみましょう。成績表はあなたの学業結果のスナップ写真です。次にSAT/ACTスコアは他者との比較基準です。そして自己紹介書は、あなたの優れた他者との対応能力(コミュニケーションスキル)と自己像をアピールする重要な要素ですが、ただ、それは自分が描いている自分自身の先入観にすぎません。

そうなると、推薦状もしくは紹介状だけが、成功を修めている専門家や学者たちが、あなたをどう評価しているかを示す手段になります。

依頼のイーメールを送る前に、先ずは十分な下準備をして 合格率を上げましょう。

推薦状は、本来のあなたの長所、特技、話術、実績を入試選考委員たちに伝える手段です。いくらSATスコアが高くても、その知識を発揮できなければ何の役にも立ちません。逆に、もしもあなたの成績が下がった時期があったとしても、その理由を、担任や教授に正当に記述して貰える事もあるのです。

更に、推薦状は、あなたの特性、長所、過去の学績、将来の成功を、読む側に気持ちよく伝える必要があります。

入試選考委員にしてみれば、推薦状を通して、あなたの勤勉性、問題への取り組み方、新しい事を学ぶ為の収容力、やる気、難問にぶつかった時の対処方法、習慣や特徴、友人や教員、教授、上司等との接し方を垣間見ることが出来るのです。

つまり、説得力のある推薦状は、あなたの包括的で素晴らしい性格を入試選考委員たちに保証してくれる上、選考委員が新入生に問う重要な全質問に答えてくれるのです。

海外大学入試用の推薦状を依頼する時の条件

海外大学用の推薦状の重要性を理解された方は、志望理由を述べる文書の徹底した書き方をご覧ください。

これは下記の不明点を解決する完全ガイドです。

  • 推薦状は誰に書いて貰うべき?
  • 推薦状には何を書いて貰うの?
  • 推薦者はどんな情報が必要なの?
  • 推薦状はどんな書き方で書くべきなの?

更にここでは、よくある問題とその解決策の例や、目を引く力強い「お手本文」も紹介しています。

段階を追った推薦状の書き方(You tube)

海外大学入試用の推薦状の依頼方法

海外大学入試用の推薦状執筆の依頼をする上で覚えておきたい重要な点は、推薦者に分かりやすいように事をまとめて簡素化し、十分で適切な情報を推薦者に提供することです。教授たちは、各学期ごとに何十通という推薦状の依頼を生徒から受ける事を忘れないで下さい。

教授たちは、「これも仕事のうち」と受け入れる一方で、締め切り直前に推薦状執筆の依頼を受けるのは、あまりいい気持ちがしません。あまり急いでお願いをすると、教授も同じ人間ですから、ツケが回ってくるかもしれません。

つまり、あなたが自分に関する出来るだけ多くの情報を準備して、あなたの長所や特徴に関しての重要な質問に事前に答える努力をすれば、読み手に説得力のある、より良い推薦状を書いて貰えるという事です。あなたが、推薦者たちが行う作業を簡潔にしてあげたいと純粋に願うことで、推薦者にも、あなたの為により優れた推薦状を書いてあげたいという意欲が出るのです。

求めよ、さらば与えられん…推薦!

推薦者に推薦状執筆を依頼する際、考慮すべき更なる要素をご案内します。

賢明に推薦者を選ぶ事

先ずは、推薦状を依頼したい4-5人の教授陣を選びます。それを2つに分けます。1つ目は、あなたが好意を持って接触し、授業を受けたことがあり、良い成績を得た科目の教授、つまり、親睦の深い推薦者です。例えば、あなたの大学の専攻科目の教授や、多くの時間を供にした高校の部活のコーチなどが適切です。

2つ目は、あなたの成績と出席率が優れていた時の初級者レベル授業の教授などが適しています。通常、この類の教授陣は、あまり個人的で説得力のある書状ではなく、定型書状を用います。定型書状は、下記の雛形テンプレートを部分的に書き換えて作成するとよいでしょう。

正式な依頼書を作成し、必要事項を全て提示する事

あなたの成功は、あなたが如何に推薦者の負担を軽くする事が出来るかに掛かっている事をお忘れなく。「私があなたを助けるのを助けて下さい/“Help me help you”」があなたのモットーであるべきです。

正式な執筆依頼書の中には、下記の情報を明記するべきです。

  • あなたの名前、専攻
  • この教授もしくは教員から受講した教科
  • その授業でのあなたの成績
  • その授業であなたが達成した著しいプロジェクト、あなたが得た知識、洞察力、影響
  • 推薦者に強調してほしいあなたの特殊な技術、知識
  • あなたが推薦者と対話/交流した時の具体的な場所や出来事
  • あなたが出願する大学とプログラムの名前。提出締め切り日と連絡先も明記する事

常に礼儀正しく、敬意を表し、丁重に推薦書を依頼する事を忘れてはなりません。なぜなら、あなたの推薦者は、無償であなたの人生やキャリアを積む手助けをしてくれているのですから。

最後に、あなたの履歴書、志望動機書、大学出願/申請エッセイを同封しましょう。そうする事で、あなたが着々と準備を進めている事を教授に伝える事が出来る上、教授にも執筆すべき内容が明確になります。成績証明書を同封するのも効果があるかもしれません。

海外大学入試用の推薦書に詳しいプロの修正/校正を受ける

大抵の教員や教授は、力強い個人的な推薦状を執筆する時間がありません。理由は明らかです。彼らには教え子全員の推薦状を書く十分な時間など無いからです。毎年、教員は何通、何十通の推薦状の依頼を受けます。あなたが最大の時間と努力を費やして準備した執筆依頼書を推薦者に提出しなければ、型通りの一般的な推薦書しか書いて貰えません。あなたが目標とすべきは、推薦者が、簡単にあなたを推薦出来るように導く事です。

それは、あなたの推薦状が完璧に仕上がるまで、書き直して磨きをかける事を意味します。結局、推薦状に自分の署名してあなたを保証するのは教員や教授なのですから。

そこで、ワードバイスのような出願エッセイの編集と校正のプロのサービスが、あなたをお助けいたします。プロの編集/校正サービスが、この肝心な大学出願手続きをスムーズに進行させます。推薦状は二人の批評家の目を引く必要があります。一人はあなたの教師/教授、もう一人は大学入試選考委員です。

海外大学入試用の推薦状の依頼書の雛形テンプレート

下記は、筆者、入学願書コンサルタント、及び学術編集サービスとして長年の経験を持つ我々が収集した例文です。

本文で説明した必要な全情報が推薦状に明記出来るように整理して、見やすい表にしてみました。手紙の内容や表のサイズを調整して、全てが1ページに収まるようにしましょう。

推薦状の雛形テンプレートをダウンロードしましょう。

ビジネス文書英文校正アドミッション書類日英翻訳よくある質問サービスご利用案内お役立ち情報

留学願書英文校正サービス