オンライン英語校正費用はいくらですか?

英語論文、エッセイ、またはその他重要な文書の下書きが完成したら、次は文章の校正作業です。 最近は数十社の会社がオンラインで英文校正サービスを提供しているので、専門校正者の助けを借りて文を明確で、説得力ある文章に仕上げることができます。 しかし、英文校正を利用するにあたり、費用はいくらかかるのでしょうか?

費用を考えてとにかく安いサービスを探すことはむしろ損をすることがあります。 オンライン校正及び編集サービスの価格によって品質水準が異なるため、良い品質の校正サービスを受けるためには、英文校正業者がどのようなサービスを提供しているのか細かく調べることが重要です。

多くの英文校正サービスは、文書の種類に関係なく 同じ校正料金を提供することがあります。 しかし、英文校正ワードバイスは、文章のタイプ、分野によって専門分野別の校正者に配当され、英文の校正および添削サービスを提供します。 文書類型を学術、留学志望書、ビジネス、キャリア志望書に区分し、文書の種類と単語数および所要時間によって価格が異なります。 英文校正ワードバイスは、英語が母国語ではないお客様のご利用が主ですが、最近では、世界6カ国以上から英語を母国語とするネイティブスピーカーの学者やベテラン作家のご利用も増えています。

校正及び編集費用はどのように策定されますか?

会社によりサービスに対する価格設定方法が異なるため、顧客の立場では混乱することがあります。 例えば、あるオンライン校正業者は「1時間あたり」、「単語数」、または「ページ数」で料金を設定します。 価格を比較するためにまず価格見積もりを受け取って比較してみてください。 ある会社は最終見積を提示する前に、文書と関連する詳細事項を説明するEメールを要請したりもします。

しかし優秀な校正会社はウェブサイトに直ぐに価格を確認できる電卓を提供します。 価格見積過程の簡単かつ価格の透明性を高めるため、英文校正ワードバイスはリアルタイムの価格見積りを提供し、文書類型、所要時間および文書の単語数を入力すると、正確な金額を提示します。 

校正、編集費用は大体どのくらいかかるの?

時間単位で英文校正サービスを受けることは危険である可能性があります。 文書校正、校閲にどれだけかかるか正確に予測できないため、校正が完了するまで英文校正費用を把握することができません。

フリーランスの校正者と直接交渉する場合、校正作業時間を基準に費用を要求することが多いようです。 1時間当たり校正の価格は、1時間当たり1,000円から1時間当たり最大10,000円まで様々です。 しかし、問題は校正内容に満足しなくても、彼らが要求するサービス費用を全額支払わなければならないことです。 

英文校正ワードバイスの英語校正はいくら?

ワードバイスでは単語数、所要時間、文書タイプの3つの情報をもとに価格を計算します。 例えば、1,000単語の英文学術論文は5日間納期の場合、 5,300円 (5.3円/1単語)となり、24時間納期を選択する場合は10,000円(10円/1単語)と納期により価格が変動します。

また、SOPや推薦書のような入学選考のエッセイは5日間納期の場合、 10,300円 (10.3円/1単語)となり、24時間納期を選択する場合は17,000円(17円/1単語)となります。

英文校正ワードバイス1,000単語にかかる校正費用
所要時間 学術論文校正 入学志願書校正
120時間 (5日間) ¥5,300 ¥10,300
72時間 (3日間) ¥6,500 ¥12,000
24時間 (1日間) ¥10,000 ¥17,000

もちろんワードバイスの英語校正サービスよりも低価格で英語校正を提供する英文校正会社やフリーの校正者に任せるのも問題ありません。ただし、校正品質を信じて任せられる校正者であるか不安である場合は、サービスを利用する前に、校正内容に満足いかない場合のサービス費用払い戻し、または再校正依頼が出来るのか、そして校正会社であれば十分な校正経験を持つプロのシニアエディターを雇用しているか必ず確認してみましょう。

英文校正ワードバイスをご利用頂ける場合は、学問分野別に専門知識を持つエディターがご要望の納期までに細かく丁寧に校正することを保障します。最高品質のオンライン校正サービスをお探しであれば、是非一度、英文校正ワードバイスをご利用ください。

ワードバイスの英文校正サービス