2022年09月21日

UCバークレー:学校が自分に適しているかどうか確認する方法

Wordvice
カリフォルニア大学バークレー校

世界的に有名な工科大学から最も競争力のある医科大学予備プログラムまで科学、技術、工学および数学はカリフォルニア大学バークレー校(通称、UCバークレー)が最も集中する分野であり、これはバークレーが持続的に最高の学校の一つに選ばれる理由の一つでもあります。 この単科大学の他にもUCバークレーは最も有名なビジネススクールと最高の教養科目を学ぶ機会を備えています。

また、UCバークレーは活気に満ちた国際学生コミュニティを保有しており、世界で2番目に優秀な公立大学としての価値を立証しています。 成果の高いここでは50の研究分野にわたって150以上の学部専攻および副専攻を含め350以上の学位プログラムを提供しています。 学生人口は非常に様々で、17.5%の留学生で構成されています。

UCバークレーに入学する方法を調べる前に、UCバークレーが自分に適した学校なのかを確認することが大切です。 アメリカ最古の公立大学の一つですが、必ずしも皆さんに適した学校というわけではありません。 なので、UCバークレーに入学の方法よりもまずは、次の質問について考えてみましょう。

  • UCバークレーに自身が求めている専攻やプログラムがありますか?
  • UCバークレーでの機会は、私が将来の目標を達成するのにどのように役に立ちますか?
  • キャンパスと学生たちが自身のの関心事と価値観と合っていますか?
  • 北部カリフォルニアの都市キャンパスでの生活は、自身に適した環境だと思いますか?
  • 大学の文化と社会生活が自身の性格と合っていますか? 大学生活は学業よりも大変なはずです。 この大学に通っている自分自身の日々はどうなると思いますか。

このような質問はUCバークレーの合格率や、2027年のUCバークレー授業統計よりもはるかに重要です。 皆さんは自分自身が選んだ大学でこれから4年を過ごすことになるでしょう。 ですから、選択した学校が学業的にも社会的にも自分に合っているのかを確認することが大切なのです。

一目でわかるUCバークレー出願支援セクション

About You

このセクションには皆さんと皆さんの家族に関する基本情報が含まれます。

キャンパス&専攻

このセクションでは志願するキャンパスを選択し、専攻がある場合に表示します。 まだ専攻を選択していない場合は、「未定」を選択することができます。 以下は人気の専攻のリストです。

  • 社会科学(19%)
  • コンピュータ/情報科学および支援サービス(12%)
  • 生物学および医生命科学(10%)
  • 工学(10%)
  • 数学および統計(6%)
  • 多学問研究(6%)
  • ビジネス、経営、マーケティング及び関連支援サービス(4%)
  • 物理科学(4%)
  • 英文学/英語学(3%)

学歴

このセクションは高校での課程と成績を記録します。

試験点数

UCは入学決定時にACTやSATの点数を考慮しません。 そのため、AP試験、IB試験、TOEFLまたはIELTS、そして国際試験の点数を記録することとなります。

UCバークレーに入学するためには、英語能力が必須です。 留学生ならデュオリンゴ英語試験(DET)(最低115点)、IELTS(最低6.5点)、TOEFL(最低80点)試験のいずれかより実力を表すことができます。

Personal Insight Questions(PIQ、個人の考え方を問うもの)

8つのエッセイプロンプト(UC願書は”PIQ”という)があり、そのうち4つの質問に答える必要があります。 各質問の回答に与えられる単語は350字のみです。 入学査定官たちは皆さんの回答から主導性、ボランティア活動、リーダーシップ、文化的な活動、粘り強さ、出願動機および特別な潜在力について見つけだそうとします。 困難に直面した際、どのように克服したのか、UCバークレーが望む性格の特徴を強調するために、困難から何を学んだのかを反映し文書を作成しましょう。 2つ以上のUCに志願する場合、キャンパス別に他のPIQを提出することはできません。

活動および受賞

UCバークレー入学候補者として相応しいと思われる活動と受賞歴を書きましょう。 6つのカテゴリは以下の通りです:

  • 賞または勲章
  • 教育準備プログラム
  • 課外活動
  • その他授業活動
  • ボランティア
  • 職場経験

奨学金およびプログラム

このセクションでは、皆さんに適用される奨学金の範囲を選択することができます。

UCバークレーで願書が検討される過程

UCバークレーは13の項目をシステムを用いて総合的に検討し、志願者を評価します。

  1. 履修したすべてのA-G課程(歴史、英語、数学、科学、英語以外の言語、視覚および公演芸術、大学準備の選択科目)で平均的な学業成績(3.0 GPA 以上)
  2. A-G最低資格条件を超えた学業課程の数、内容および成果
  3. UC承認の優等課程および高級課程
  4. 地域状況における適格性(ELC)-カリフォルニア州在住者のみ該当*
  5. 高学年学習プログラムの質
  6. 高校で提供される教育機会に関しどれだけ学業を成し遂げたのか
  7. 一つ以上の学科目での優れた成果
  8. 一つ以上の特別プロジェクトにおいての優れた作業(学問分野を問わない)
  9. 最近の学業成績の顕著な改善(学業GPAおよび完了または進行中の授業活動の質で証明可)。
  10. 特定分野における特別な才能、業績や受賞
  11. 高等学校のカリキュラムや特別な校内行事、プロジェクトまたはプログラムとともに行われた特別プロジェクトの修了
  12. 障がい、低所得家庭、劣悪な社会または教育環境、貧困(家族状況を含む)などで限られた状況での人生経験において成し遂げた学業成績
  13. 中学校および居住地の位置

UCバークレーは活発でリーダーシップ、主導性、粘り強さ、知的好奇心を持った学習コミュニティに寄与する学生たちを求めています。 成績とカリキュラムの選択が学業成績を表しますが、UCバークレーは入学許可を出す際、学問的/個人的な成績だけでなく量的および質的な要因を含む、より広範囲な基準を考慮します。

もし入学許可が下りなかったらどうすればいいですか

諦めるにはまだ早いです。なぜならUCバークレーの一員になることを決めたらまだ挑戦できる代案があるからです。 もちろん一般的な代案ではありませんが、それでも挑戦したいなら参考にしてみてください。

代案A : 他の大学に進学し、後でUCバークレーに編入する

一度他の大学に志願した後で、UCバークレーに編入することができます。 ほとんどの一流大学は編入合格率が低いですが、UCバークレーは驚くべきことに編入率が高いです。

代案B :ギャップイヤーを過ごし、再度出願をする

再び出願をする時、UCバークレーは皆さんが時間をあまりかけなかったと判断し、良くない結果をもたらす可能性があり、この代案を選択するのは危険かもしれません。 しかし、ギャップイヤーの長所は観点を拡張し、変化を作り、専門知識を得ることです。 これは人間として成長するのに役立つ方向に自らを成長させる過程です。 また、他の関心分野で優秀な実績を維持するもう一つの方法でもあります。

2023秋UCバークレーへの出願が始まっています。 出願は10月1日から可能で、オンライン出願の提出締切日は11月30日です。 提出する前に願書の全体を徹底的にチェックし、誤字脱字や間違いが無いかを必ず確認して、修正しなければなりません。学生の皆様の 幸運を祈ります!

留学願書英文校正サービス