2021年09月28日

履歴書には人を引き付ける語句を含める事が大切

大学や大学院の新卒者が求人に応募する時ぶつかる難関が、いかに力強く人を惹きつける語句を使って、他の応募者よりも自分を際立たせ、最初の壁である機械化履歴書ボット(bot)を突破する履歴書を作成する事が出来るかです。

この記事では履歴書に含めるべき様々な語句の種類(ソフトスキル、テクニカルスキル、アクションスキル、コミュニケーションスキル等)と、それらの語句の使い方と使うべき理由を説明していきます。

強力な動詞を使用して履歴書を強化することは,  採用担当マネージャーの注意を引くための優れた方法です。

インパクトのある語句を履歴書に入れる重要性

2021年も終盤に入る今、世界中の雇用状況に大きな差が生じています。最近記載された米国ビジネス誌Forbesの記事によると、現在の雇用状況の特性はリモートワーク、応募者要員の拡大、そして履歴書内のキーワードを自動的に探索するテクノロジーなのだそうです。

求人応募の履歴書作成が必要であれば、当分の間は、オンラインで応募、オンラインで面接、そしてオンライン勤務になることでしょう。その為、独特な語句や動詞を使用して自分の履歴書を他の応募者よりも際立たせることの重要性を忘れないようにしてください。

履歴書で使用する語句や動詞は、求人の職務内容に適切であるのが重要

職務内容の記述は複数の項目に分かれています。

  • 会社概要
  • 職務と職責
  • 資格、能力
  • 必要条件
  • 詳細

殆どの場合、これらの職務内容は人事部の担当者によって厳選された、能率が高まる的確な用語、語句、動詞を使って記述されます。

これらの職務内容の適切な語句や動詞は、応募する履歴書の中でも使用するべきです。求人募集の職務内容に使われているのと同じ動詞や語句を、履歴書にも取り入れましょう。

履歴書の中に取り入れるべき人を引き付ける語句

履歴書の中に取り入れるべき語句や動詞には多様なカテゴリーがある為、そのうちの幾つかを取り上げて、ビジネス上での使用方法を説明します。

リーダーシップを強調する履歴書の語句

履歴書を書く上でリーダーシップのスキルは非常に重要です。なぜなら同僚との接し方やいかに同僚を激励出来るかを伝える事が出来るからです。人の接し方や対人能力は、あなたの個性や労働論理、適切解釈ができる能力を表すことができます。

履歴書でリーダーシップの語句を使う事によって、あなたがいかにマネージャーたちと接し、彼らが求めている詳細を適切に理解し、対人との意思疎通を巧みに行える能力(ソフトスキル)と経験を持つ人材である事を採用担当者に伝える事が出来ます。特にあなた自身がマネージャーの地位に応募するのであれば、リーダーシップは必須の条件です。

履歴書のリーダーシップの語句例

  • Spearheaded (率先力)
    履歴書で非常に効果のある語句です。あなたがビジネスと会社を両方理解して、率先して計画を立て、順序を追い、重要人物から賛同を得る事が出来る人物である事を表すからです。優れたリーダーである事は、他の人々が自分とは異なる優先順位がある事を認識して、あらゆることを成し遂げる為に人々を説得する必要があります。そして、未知の分野に足を踏み入れるのです。
  • Advocated (提唱者)
    提唱するという事は、定めた目標の側に立って見方をすることですが、提唱は議論や討論とは違います。提唱とは必要な情報とデータを収集して、決定権のある重要人物と携わり、自分の主張を説明する事です。
  • Transformed(一変させる)
    職場や大学で自分自身や何かを一変できるのは、あなたがそこに有意義な変化をもたらしたという事です。移り変わりをするのは容易な事ではありません。変化を成し遂げるには、長期にわたる計画、分析、計略、忍耐力を要します。
  • Delegated (仕事を割り当てられる)
    履歴書に記載するリーダーシップのスキルは、自分で全てをコントロールするだけでは不十分です。偉大なリーダーは他者に仕事を委託する時期を心得ています。一人で何もかもやり遂げたり理解する事は不可能です。リーダーはチームと自分自身の優れた点や弱点を把握して、手近なツールや人材を利用して任務を達成します。
  • Focused(集中力がある)
    一つの事に集中できないリーダーは失敗する傾向があります。履歴書では、確実な成果と任務を完成する事と同時に集中力を記述するべきです。任務の照準を合わせる時期と可能性を拡大させるのがリーダーシップを握る鍵です。
  • Translated (真の意味を解釈する)
    どんな機関、オフィス、大学においても、様々なスキルや生い立ちを持った人々が多数います。技術的なスキルと技術的な思考を持つ人もいれば、意思疎通が巧みで定性的思考を持つ人もいます。優れたリーダーとは、職務の目的を、その職務に関わるあらゆる職種に解釈して伝える事の出来る人です。開発チームにはレポートでの職務の説明をする必要があるかもしれませんし、販売担当者達には面と向かって説明をする必要があるかもしれません。
  • Supported (支援する)
    物事はいつでも上手くいくものではありません。優れたリーダーたちはどう難関突破するのでしょうか? 優れたリーダーは部下を支え、間違えた事から学び、やる気を起こさせることができます。企業というのは人々を支援し、やる気を起こさせることの出来るマネージャーの履歴書を求めています。
  • Collaborated (協力する)
    求人応募する履歴書を作成しているのであれば、あなたはフリーランスの仕事を探している訳ではないでしょう。企業で働く場合、同僚との横の繋がりと上司や部下との縦の繋がりがあり、協力し合う事になります。履歴書では、あなたが人を信用し、協力し合って働く事が出来る人材である事を表してください。

問題解決を表す履歴書語句

その他の履歴書に記述する語句の重要なカテゴリーとしては、いかに難問にチャレンジして、どのような段階を踏んで取りかかる事ができるかを表す問題解決のスキルです。下記の例では、戦略的思考、分析的スキル、行動力、技術的なプラットフォームに焦点をあてました。基本的には、あなたには問題を調査分析、分類、解決できる力がある事を雇用者に伝えるという事です。

履歴書で問題解決を表す語句の例

  • Diagnosed(調査分析する)
    履歴書において、非常に強力な動詞です。なぜなら、いかなる決断を下すにしても、先ず一番最初に必要な動作だからです。問題解決には問題点を正確に把握する事が重要です。
  • Classified(分類する)
    雇用者は応募者が計画的で整理化されていて、正確に内訳化出来る人材を探しています。さまざまな問題点を分類できることを示す事で、必要な分野を様々なカテゴリーに選り分けられる能力がある事を証明できるのです。
  • Analyzed(分析する)
    分析能力は需要が高く、通常最高賃金で競争倍率が最も高い仕事です。分析は単なる問題解決のみではなく、将来起こり得る問題点の解決策にもなります。
  • Researched(調査する)
    調査力は定量的や定性的な人事評価の基準になるので、履歴書には必ず記述するべき単語です。これは技術的にも社会的にも適切な単語です。
  • Strategized(戦略を立てる)
    問題点が明らかになった後は、適切で、予算に合い、実行可能な解決策の戦略を立てます。戦略を立てるのに経営幹部職である必要はないのです。日頃の職務を、如何に影響力のある適切な職務に出来るかが重要です。

履歴書でのコミュニケーション、対人関係、多様性を表す語句

コミュニケーション、対人関係、多様性は、近年では欠かせないスキルです。それらのスキルは離職者率を減少し、企業の価値観を上げる為、大きな企業や団体では非常に重要視されます。

大学新卒の応募者は、社会人としての経験が限られていますが、コミュニケーション、対人関係、多様性のスキルを強調する事によって、技術的なスキルや職務経験の欠乏を補うことが出来ます。

コミュニケーション、対人関係、多様性を表す語句

  • Recruited(採用される)
    人材採用担当者が優れた人材を採用する以外でも、優れた対人能力者を企業内で採用している企業は多数あります。マネージャーの決断は部下たちに理解と賛成され、採用に同意する必要があります。
  • Teamed with(チームを組む)
    一匹狼よりもチームプレーヤーの方が皆から好かれます。何故なら、チームプレーヤーは全員の職務負担を軽くして、自分のみが輝いて称賛される事がないからです。
  • Interfaced with(話が通じる)
    多くの異文化を背景に持つ他者と適合して話をすることが出来る人物であるという事を明らかにするべきです。”Interface”という言葉は、以前は無生物を表現する時に使用されましたが、現在では他部署や利害関係者との対応を表現する時に使用されます。
  • Included/Expanded/Revised(含む/拡張する/改訂する)
    現在の職場における多様性とは、過去の企業構造やシステムを改訂して、ビジネスゴールに達する為に、他者同士がアクセスし易くする事を示します。多様性を強調したいのであれば、既存の骨組みを基にして、いかに良い方向に改善したかを表記するべきです。

履歴書では説得力のある語句を使用すれば十分?

英語を母国語としない応募者にとっては、英語の慣用表現を十分に理解出来ないという弱点があります。他者よりもかけ離れた履歴書を作成するには、言語規則リソースを参照にしたり、プロの履歴書校正者にお願いをする事が最良の手段です。

履歴書を作成する上で覚えておきたのは、率直な表現を使用する事です。仕事に合わせた履歴書の書き方を簡単に記述されているFREE online proofreading toolsを是非ご参照下さい。