2022年07月27日

スタンフォード大学:入学に関する誤解と事実

Wordvice

スタンフォード大学はアメリカで一番低い合格率を誇る大学の1つとして知られています。スタンフォードの合格率3.95%はMIT, Caltech, Yaleよりもずっと低く、Harvard, Columbia,Princeton同じくらいです。これはスタンフォードに入学するには厳しい入学手順を踏む必要があるということと、実際に様々な分野で次世代の専門家を探していることが分かります。

スタンフォード大学に限らず、アメリカのほとんどの一流大学は入学過程で次の項目を”とても重要”だと評価しています。

  1. Application Essay
  2. Recommendation Letters
  3. Extracurricular Activities
  4. Secondary School Record
  5. GPA
  6. Standardized Test Scores (*For 2022–23 first-year and transfer applicants, Stanford will review applications with or without ACT or SAT scores, leaving the decision in the hands of the applicant)
  7. Applicant’s talents and abilities
  8. Applicant’s characters and personal qualities

このような各項目はスタンフォード大学が出願者を評価するのに重要な要素であり、全ての出願者は学業成績に集中したり、可能な限り多くの才能を発揮する必要があります。実際にスタンフォードに入学するための重要な基準は十分に学業の準備をしたか、ということです。入学審査官は志願者が成功に向かって準備したものや可能性を確認しているのです。また彼らは、志願者が高校時代に自ら挑戦し、成功することを期待しています。

しかし、入学過程についてのいくつかの誤解があるようです。このような誤解と真実を理解したと言って合格が100%保証されるわけではありませんが、何も知らないまま出願をするよりもスタンフォードがどのような人材を求めているかを理解するのに役に立つはずです。

スタンフォード大学入学に対する誤解と真実

1. 優秀な学業成績でなければいけない

本当. スタンフォード大学入学の重要な基準は優秀な学業成績と言えるでしょう。
入学審査官は出願者の成功の為に行った準備や可能性について確認し、出願者が高校時代に自らの力で一生懸命努力することを期待しています。最近のスタンフォードの入学生の平均SATの点数は1,505と高いことが伺えます。これはスタンフォードの学生の大多数(75%)が1,505より高い点数を取ったということを意味しています。

2. 成績だけ良ければ良い

. 最もよくある誤解の中の一つはスタンフォード大学が成績だけに興味があるということです。
多くの人々はこれを本当だと信じていて、スタンフォードが一番優れた教育機関の1つなので、いい成績でないと入学できないと安易に考えてしまっているのです。もちろんスタンフォードが学業に深い関心を持っていることは確かですが、それだけではなく学生の質にもこだわっているのです。スタンフォード大学はGPAが一番高く、SAT/ACTの点数が一番高い生徒のみを入学させているわけではありません。 彼らはそれ以上のことを求めているのです!例えば、課外活動や学問以外の興味について学ぶことは、スタンフォードコミュニティの将来にどれだけ潜在的に貢献することなのかを理解するのに役に立ちます。

3. 様々な優れた課外活動をする必要がある

本当. それならなぜスタンフォード大学はテストの点数が高い生徒だけを求めているのですか?
1つ目の理由は、基本的な数字の問題です。優秀な学業成績を持つ生徒が多すぎるのです。スタンフォードの学生の平均のACT点数 は33です。ですからスタンフォード箱の点数(又はこれ以上)を優秀な生徒だと見なします。スタンフォードは毎年約2,300名の学生を受け入れるために、学業成績が優れている学生の中で成績を超えた何か他の基準で区別する必要があるのです。

2つ目の理由は、スタンフォード大学をはじめとした多くの名門大学は世の中に意味のある、ポジティブな影響を与えられる学生を求めているからです。スタンフォードはGoogleの創立者であるLarry PageやNetflixの共同創立者であるReed Hastingからもわかるように、良い成績以外にも非学問的な要素が将来に誰が良い影響を与えるのかを予測するのに役に立つと信じているのです。 このような非学問的な要素(一般的に “課外活動”という)は部活動/スポーツなどに参加し他の人々の為になることを含んでいます。したがって、一流の大学は学問の優秀さだけでなく、GPA、テストの点数、課外活動や地域社会のボランティア活動を含んだ多くの分野で、各出願者の持っている強みを求めていることが分かります。

4. 多彩多能でなくてはならない

嘘. 多彩多能に対する誤解は次のようなものがあります。:
スタンフォードは出願者が多彩多能な人材になることを求めているので、全ての分野において優れた成果を修めることが重要ということ。つまり学生会に立候補し、組織の会計の担当者になり、構内討論チームで1位や2位を争い、また全ての教科において A-以上の成績を取る必要がある。

この神話のような誤解では不得意な分野に常に集中して、それをなくし、可能な限りバランスの取れたものにする必要があります。ただし、スタンフォード大学では多彩多能な出願者は特徴がないように見えるのです。スタンフォード大学への出願者はユニークでなければならないのです。

5. スタンフォード大学に出願するには自信が持てる分野を1つみつけることが大切

本当. スタンフォード大学はほとんどの分野において、平均的な実力を持ち合わせていて、特定の分野では実に優秀な出願者を求めています。
研究、短編小説の執筆、小規模事業の開始などのほとんどのことができます。出願者の長所は他の多くの学生が同じ長所を持っている可能性が低いため、強力な候補者となるのです。要するにこれらは、1人ひとりを区別しユニークな存在にするのに役に立ちます。異なる長所を持った多くの学生を受け入れることで、スタンフォードは将来成功するであろう学生を求めているのです。現代社会で専門性を持つことは成功へのカギとなるのです。例えば、骨折をしたときに必要なのは、骨をしっかり固定し、健康に気を使った食事を提案してくる医者ではなく、 骨をくっつけるのに優れている医者のはずです。大切なことは自分が非常に強いと言える分野を1つ開発することを目標とすることです。

結論として、出願者の最初の目標は高い学業成績を取らならなければいけないということです。 基本活動と目標の準備ができたなら、どの分野よりも自身のあるといえる分野について考えてみてください。 なにか1つ強みがあるということは出願するにあたって最も重要な部分の一つになることでしょう。

皆さんがスタンフォード大学に最高の願書を提出できるように願っています。

ビジネス文書英文校正アドミッション書類日英翻訳よくある質問サービスご利用案内お役立ち情報

留学願書英文校正サービス